無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

山形ネット3月会合高畠町等共催研修会 地域の宝再発見シンポジウム 未来をひらく地域の文化遺産~守り・伝え・活かす~

地域の宝再発見シンポジウム 未来をひらく地域の文化遺産~守り・伝え・活かす~
 地域の文化は、その土地に生きる人びとにとって誇りであり、生きてゆく上での心の拠りどころ、掛け替えのない輝きと個性をそれぞれ持っています。 その文化は、過去を振り返るばかりのためではなく、現在を確認し、未来を展望し、切りひらく地域にとって大切な手がかりにもなります。
 このシンポジウムでは、伝統芸能地域文化団体の活動が活発で、文化を活かした町づくり、観光振興の代表とも言える岩手県遠野市より前川さおりさんをお招きし、ご講演をいただきます。あわせて、一年間、講座の講師を務めていただいた皆さんとパネルディスカッションを行い、地域の文化を守り、伝え、活かす取組みをみんなで考えます。
日時:2014年3月9日(日)13:30~
会場:ひろすけホール(浜田広介記念館・高畠町)
日程
13:30 開会(13:00開場)
13:40 基調講演:前川さおりさん(遠野文化研究センター)
「人の輪で守り伝える地域文化遺産」
15:00 休憩
15:10 シンポジウム「地域文化遺産を守り・伝え・活かす」
佐藤庄一さん(南陽市)、佐藤正三郎さん(上杉博物館)、岡田靖さん(芸工大)、米村祥央さん(芸工大)、前川さおりさん
16:30 閉会
申込み:不要・参加費無料
問い合わせ:高畠町教育委員会社会教育課文化係52-4472
主催:「まほろばの里たかはた」文化遺産発信事業実行委員会
共催:高畠町教育委員会・その他申請中
平成 25 年度文化芸術振興費補助金(文化遺産を活した地域活性化事業)

山形文化遺産防災ネットワーク 事務局
小林貴宏
山形県東置賜郡高畠町大字二井宿1904-1
DQB00442@nifty.com
ブログ:http://yamagatabunkaisan.cocolog-nifty.com
/blog/
電話 090-5849-5532

「0309.pdf」をダウンロード

山形文化遺産防災ネットワーク 2013年度報告会・研修会~ 3年を越えて ~

山形文化遺産防災ネットワーク 2013年度報告会・研修会~ 3年を越えて ~
 2011年3月26日、山形県立博物館講堂において山形文化遺産防災ネットワーク(通称:山形ネット)呼びかけによる緊急集会が開催されて以来、山形ネットはその後3年間にわたって、東日本大震災にて被災した岩手県陸前高田市、宮城県名取市等の歴史資料保全の取り組みを多くの方々の参加、関係機関のご協力のもと、行ってきました。
 2013年秋、宮城県農業高校同窓会図書資料全点の返還を終了しました。明けて014年には陸前高田市立博物館への一部資料に関して返還の取り組みが本格化しました。
 3年目を前に、緊急の歴史資料保全の取り組みは、大きな画期を迎えました。
 しかし、「返還」は最終的なゴールではありません。
資料返還にまつわる課題、資料所在調査の課題、将来を見据えたシステム作りなどの、未来に向けた様々な課題が控えています。
 引き続く一年、皆さんの協力を必要としています。ご参集をお待ちしております。

日 時 :2014年3月9日(日)10:30開会 12:00
閉会
場 所 :浜田広介記念館ひろすけホール 高畠町(JR高畠駅徒歩15分、タクシー5分)
日 程 :
10:30~11:00 山形ネット活動の記録と報告:山形ネット事務局ほか
11:00~12:00 今後に向けての意見交換(1時間)
(休憩)
13:30~16:30 共催研修会参加
18:00~    慰労会
申し込み:不要・昼食が必要な方はお申し出ください
参加費 :不要・昼食が必要な方は500円
申し込み/問い合わせ:山形文化遺産防災ネットワーク
事務局小林貴宏
住所:〒992-0302 高畠町大字二井宿1904番地の1
e-mail:DQB00442@nifty.com ℡:090-5849-5532

「20130309.pdf」をダウンロード

2014年2月18日 (火)

山形ネット山形集中作業のご報告と3月会合のお知らせ

各位
 大雪など困難な事態が続きます、皆さまにおかれましてはお身体に留意されますよう。

 昨日本日と山形ネット山形集中作業を行い、2日間で高校生からベテランまで50人以上の方に参加いただき、終了することができました。県外からもご予定いただいた方々が居られましたが、折からの大雪の影響で足止め、様々日程調整や交通の手配などご苦労をいただきながら残念でした。暖かいご支援のお気持ちを頂戴しました、次回またよろしくお願いします。後ほど改めてご報告いたします。
 新聞資料のクリーニングと台帳化などを行いました。
作業の合間に、資料保全や救済活動についてご案内し、皆さん熱心に聞いてくださいました。

 参加いただきました皆さま、開催にあたり協力いただいた皆さまに心より敬意を表します。 

 さて、恒例の3月定期会合を、来る3月9日(日)の午前10時頃より高畠町にて開催します。詳しい日程等は改めてご連絡いたします。午前中に2013年の活動報告、会計報告、活動や調査に関わる報告を行い、午後より高畠町と共催し、地域の文化遺産の保全と活用のシンポジウムを行います。

2014年2月 4日 (火)

芦東山記念館冬季特別展『つながる つづける つたえる活動~歴史資料保全のネットワーク』のお知らせ

 下記展示会が開催されております

 

 

 

 ぜひ、ご来場ください

岩手県一関市 芦東山記念館 冬季特別展

『つながる つづける つたえる活動~歴史資料保全のネットワーク』

2.会  期 平成26年2月1日(土)~3月23日(日)

3.休  日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

4.入  料 通常入館料に含める

5.内  容 東日本大震災で被災した文化財のレスキュー活動として、様々な団体が支援を行ってきました。本展示では、山形文化遺産防災ネットワーク、宮城歴史資料保全ネットワークを中心に活動を紹介し、地域文化遺産保全の啓発とします。

6.会  場 芦東山記念館 岩手県一関市大東町渋民字伊勢堂71-17 

0191-75-3861 FAX0191-75-3862

2014年2月 2日 (日)

山形文化遺産防災ネットワーク東日本大震災被災資料保全作業山形集中作業

山形文化遺産防災ネットワーク東日本大震災被災資料保全作業山形集中作業
 東日本大震災の津波により多くの歴史資料・書籍が被災しました。私たちはそれらをレスキューし、現在山形県内に保管、クリーニング・保全処理を行ってきました

 これらの資料は、被災地が元気に未来へ踏み出すためには、欠かすことのできない貴重な文化遺産です。東日本大震災から間もなく3年、クリーニングを終えた岩手県陸前高田の資料を返還する作業を行います。
 作業への参加を呼びかけます。

◇場所:山形市本町 山形まなび館(第1・2・6教室)※ 旧山形市立第一小学校、駐車場有(なるべく公共交通をご利用ください)
◇日時:2014年 2月15日(土)・16日(日) 
*2日間とも午前9時~午後4時まで。午前・午後のみ
の参加も可。
◇作業の内容
 岩手県の陸前高田市から救出した被災資料(古い新聞など)についた汚れを刷毛などで払うクリーニング。クリーニングした資料の整理作業。作業の方法や手順は山形ネットの指示に従ってください。
 参加に際しては、ボランティア保険への加入をお勧めします。お住いの市町村にある社会福祉協議会で加入手続きができます。なお、被災資料は泥などの汚れが付着していますので、エプロンなどご準備下さい。なお、会場は土足ですが、スリッパや上履きでの作業も可能です。その他、クリーニング道具や手袋、マスクなどは山形ネットで準備します。

◇連絡先(参加される方は下記へ「2月11日まで」にご連絡下さい)
山形文化遺産防災ネットワーク世話人
植松 (携帯電話:090-7669-2774)
be3zzx2tb71e9xit8cf4@docomo.ne.jp
小林 (携帯電話:090-5849-5532)
メールアドレス:dqb00442@nifty.ne.jp

山形文化遺産防災ネットワーク 事務局
小林貴宏
山形県東置賜郡高畠町大字二井宿1904-1
DQB00442@nifty.com
ブログ:http://yamagatabunkaisan.cocolog-nifty.com/blog/
電話 090-5849-5532

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »