無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

東日本大震災被災資料クリーニング11月の活動日について

被災資料クリーニング11月の活動日(共に毎週)についてお知らせします。

 学校や施設の都合上、急遽中止することもございますので、お問い合わせは事務局小林までよろしくお願いします。

芸工大クリーニング(山形市) 開催日:火曜日、木曜日17時から19時半
会場:東北芸術工科大学保存修復研究センター

山形クリーニング(山形市) 開催日:月曜日17時半から19時半
会場:山形大学人文学部棟

米沢クリーニング(米沢市) 開催日:金曜日17時から19時
会場:山形県立米沢女子短期大学

対象:中学生以上。関心のある方ならどなたでも。
注意:①津波被害を受けた資料のため、カビや粉じんで汚れております。作業は注意して行いますが、自己責任でご参加ください。②参加に際しては、社会福祉協議会で受け付けているボランティア保険の加入をお勧めしています。③汚れても良い服装、マスクの着用しての参加になります。④屋外での作業もあります。防寒対策にご注意ください。⑤その他詳しいことは参加が決まった段階でご連絡します。
申し込み:初めて参加するには必須です。申し込みはいずれかの下記事務局まで。
代表事務局 小林貴宏 メール:DQB00442@nifty.com 
携帯電話:090-5849-5532
なお、東北公益文科大学(酒田市)でのクリーニングを11月以降予定しております。

山形ネット広報用展示パネルの利用について

山形ネット広報用展示パネルの利用について

山形ネットでは、これまでの取り組みを紹介し、今後の活動に関するご理解とご支援をお願いするためのパネルを作成しました。
 10月中は、山形県立米沢女子短大、山形大、東北公益文科大学にて掲示いただき、可能な場所については展示を継続いただいております。

 このたび、予備用の1組を作成し、ご協力いただけるところで掲示できるように準備いたしました。つきましては、皆さまの関連する機関や施設、催事において期間限定で掲示していただけるようなところがございましたならば、掲示についてご協力をお願いしたく存じます(期間等の調整を行います)。
 事務局弱体のため、事務局としては①パネル貸し出しに関する調整、②開催依頼に関する書類の発行、③パネルの発送(貸し出し)、④パネルの返送(受け取り)、の三作業のみを行います。このほかの5~6枚のパネルの掲示、会場準備については、お申し出いただいた方・協力者の方にお願いします。⑤また、貸し出しに関する経費(送料など)について、ご協力いただけると大変助かります。

 開催概要については添付の企画書「1.docx」をダウンロード のとおりです。また、このほかの点については別途調整させていただきます。

 ご検討よろしくお願いします。

山形ネット10/23以降の取り組みについて 活動報告と目標第31号

山形ネット10/23以降の取り組みについて 活動報告と目標第31号

はじめに
 先週は①陸前高田市から資料返却についての考え方の連絡、②陸前高田市資料の写真整理の方針打ち合わせ、等がありました。
 お知らせのとおり、学会イベント等で報告会などが相次いでおりますが、保全の作業はまだまだ続いております。
 事務局としては、いまの手持ちの資料(冷凍していない資料)を一刻も早く仕上げて、次に控える冷凍中の資料の保全に当たりたいと考えております。実は、ひとつの「山場」を迎えております。クリーニング自体が屋内の作業になったことから、新規の方の参入が減ってきたように感じます。ぜひ、多くの方に作業に加わっていただければと考えております。まだまだ終わりません。  
 
先週の報告
①10/24山大夕方クリーニング。②10/25芸工大夕方クリーニング。③10/27芸工大夕方クリーニング。④10/28米沢夕方クリーニング。同時に水損した写真の保管・整理に関する打ち合わせ。⑤芸工大主催「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」⑥情報提供など。

今週の目標
①10/31山大夕方クリーニング。②11/1芸工大夕方クリーニング。③11/3芸工大夕方クリーニング。④11/4米沢夕方クリーニング。⑤芸工大主催「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」開催中⑥情報提供など。

お知らせ
①11/11 米沢女子短大にていも煮会を開催予定~参加者と共に、カンパを募集します。

~~~~~~~~~~~~~~
【お知らせ】
「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」開催
主催:東北芸術工科大学
会期:2011年10月28日(金)~11月9日(水)日、祝日休館
時間:10:00~19:00(土曜日は17:00まで
会場:東北芸術工科大学 図書館スタジオ144
入場:無料
休館:日曜日/祝日

2011年10月28日 (金)

シンポジウム「3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み-広域大規模自然災害資料保全体制を考える-」

 12月3日、新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野の主催により、標記のシンポジウムが開催されます。「20111203symp.pdf」をダウンロード
 以下、新潟大学矢田俊文氏から頂戴した情報を転記させていただきます。

シンポジウム「3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み-広域大規模自然災害資料保全体制を考える-」

 本年の3月11日東日本大震災が起き、多くの生命が奪われました。岩手・宮城・福島県を中心とした地域の多くの方々の生活はいまだに再建されていません。これらの地域では文化財・歴史資料も被害を受けています。広域大規模自然災害被災地の文化財・歴史資料保全の支援体制はどうあるべきか。支援に取り組まれてきた山形・新潟・富山県の方々にその取り組みを報告をしていただき、今後の資料保全支援体制を検討します。また、3月12日の長野県北部地震被災地、7月末の新潟・福島豪雨被災地での支援の取り組みの報告もあわせて行い、地域文化の復興と再生について考えていきたいと思います。

【日時】2011年12月3日(土)13時~17時
【場所】新潟大学総合教育研究棟D棟1F大会議室
    (新潟市西区五十嵐2の町8050番地)
【主催】新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野
【共催】新潟大学人文学部附置地域文化連携センター学系プロジェクト「環東アジア地域における社会的結合と災害」、新潟史学会、新潟歴史資料救済ネットワーク

1.報告 
○小林貴宏(山形文化遺産防災ネットワーク) 
 「山形文化遺産防災ネットワークの3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み」 
○大楽和正(新潟県立歴史博物館)・森 行人(新潟市歴史博物館) 
 「東日本大震災文化財・歴史資料保全と新潟県立歴史博物館・新潟市歴史博物館の物資支援体制」
○飯島康夫(新潟大学災害・復興科学研究所)
 「宮城県の被災民俗資料の保全と新潟県における支援の取り組み」
○田中洋史(長岡市立中央図書館文書資料室) 
 「東日本大震災時の避難所における資料保全の取り組み-長岡市の場合-」
○近藤浩二(富山県滑川市立博物館)
 「長野県栄村文化財レスキューにおける富山県からの活動協力」
○田辺 幹(新潟県立歴史博物館)
 「2011年新潟・福島豪雨と雲洞庵水損文書保全の取り組み」
○樋口 勲(長岡震災アーカイブセンターきおくみらい)
 「2004年中越大震災と文化財・歴史資料の保存及び伝承の取り組み」


2.パネルディスカッション

 パネラー:小林貴宏・大楽和正・飯島康夫・田中洋史・近藤浩二・田辺 幹・樋口 勲
 司会:矢田俊文(新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野)

3.懇親会
 17時30分~ 内野駅周辺

参加いただける方は,11月24日(木)までに災害史料シンポ事務局(新潟大学人文学部矢田俊文研究室)へご連絡ください.
電話025-262-6542 Eメール yata●human.niigata-u.ac.jp (●=@)
懇親会も行いますのでこちらもご参加ください.

2011年10月26日 (水)

山形ネット資料救済活動のパネル展示の開催報告について

 10月8日の米沢女子短大「吾妻祭」から、10月22、23日における山形大「八峰祭」、公益大「公翔祭」まで、各大学において、山形ネットの活動について紹介するパネル展示を行いました。パネル作成から展示まで、各大学のメンバーの皆さんには大変お世話になりました。

 これからも続く被災資料クリーニングについて、多くの方に周知できたものと思います。

2011年10月22日 (土)

山形ネット10/16以降の取り組みについて 活動報告と目標第30弾:

山形ネット10/16以降の取り組みについて 活動報告と目標第30弾

はじめに
 報告と目標30弾となりました。当初は10回くらいで終わりかな?と思っておりましたので、「弾」にしましたが、物騒ですし、30弾を持って30号に変えますね。
 報告のとおり、昨夜は米沢クリーニングでした。18,19歳の短大生が20人弱くらいでしたでしょうか、クリーニング作業や資料整理を行ってくれました。米沢クリーニングで驚くのは「たまに来る」人が結構多いことです。「たまに来」て資料クリーニングするってすごいことですなんですよ。日常化しつつあるということですから。
 31号あたりでは、東北公益文科大学での作業開始が報告できるかもしれません。まだ取り組みの輪が広がりつつあります。新しい仲間の皆さんのお越しをお待ちしております。
 31号以降もよろしくお願いします。
 
 
先週の報告
①10/17山大夕方クリーニング。②10/20芸工大夕方クリーニング。③10/21米沢夕方クリーニング。④10/22,23山形大学・東北公益文科大学学園祭。⑤10/23南陽市民大学にて報告。⑤情報提供など。

今週の目標
①10/24山大夕方クリーニング。②10/25芸工大夕方クリーニング。③10/27芸工大夕方クリーニング。④10/28米沢夕方クリーニング。同時に水損した写真の保管・整理に関する打ち合わせ。⑤芸工大主催「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」⑥情報提供など。

お知らせ
①10/28 水損した写真の保管・整理作業のスタッフ募集!~保全処理を行っている水損写真資料の保管整理に関する打ち合わせを米沢女子短大で行います。スタッフを募集します。
②11/11 米沢女子短大にていも煮会を開催予定~参加者と共に、カンパを募集します。

~~~~~~~~~~~~~~
【お知らせ】
「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」開催
主催:東北芸術工科大学
会期:2011年10月28日(金)~11月9日(水)日、祝日休館
時間:10:00~19:00(土曜日は17:00まで
会場:東北芸術工科大学 図書館スタジオ144
入場:無料
休館:日曜日/祝日

2011年10月15日 (土)

山形ネット10/9以降の取り組みについて 活動報告と目標第29弾

山形ネット10/9以降の取り組みについて 活動報告と目標第29弾

はじめに
 山形では、急速に秋の装いを増してきました。しかし、県内の観光地、例年にない閑散ぶりです。福島をはじめ近隣県は同じかもしれません。紅葉シーズンの土曜日なのに。
 視察受け入れ、活動日の夕方に関しては歓迎しております。また日程が合えば、そのほかの日もご案内もしますので、どうぞ東北・山形にお越しください。

 なお、11月11日の夕刻には山形ネットいも煮会を米沢市内で予定しております。
 
先週の報告
①10/11芸工大夕方クリーニング。10月定期会合。②10/14米沢夕方クリーニング。③10/15地方史研究協議会で報告。⑤情報提供など。

今週の目標
①10/17山大夕方クリーニング。②10/20芸工大夕方クリーニング。③10/21米沢夕方クリーニング。④10/22,23山形大学学園祭。⑤10/23南陽市民大学にて報告。⑤情報提供など。

~~~~~~~~~~~~~~
【お知らせ】
「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」開催
会期:2011年10月28日(金)~11月9日(水)日、祝日休館
時間:10:00~19:00(土曜日は17:00まで
会場:東北芸術工科大学 図書館スタジオ144
入場:無料
休館:日曜日/祝日

2011年10月12日 (水)

芸工大企画展「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」のお知らせ

「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」
「和紙から見える修復~護る・遺す・繋げる~」
美術史・文化財保存修復学科では、東日本大震災以降、宮城県、岩手県で被災した文化財などをレスキューする活動を実施しています。中でもその数が圧倒的に多い図書資料は、学生がカビや泥の付着など様々な問題と向き合いながら取り組んでいます。本展では、「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」と題し、文化財(被災図書資料)レスキューの取り組みについてご紹介いたします。本活動に関わる私たちの“想い”に共感していただけますと幸いです。
また、同時開催企画として「和紙から見える修復~護る・遺す・繋げる~」と題し、東洋絵画保存修復の重要な素材である「和紙」についての展示を行います。和紙は先人から伝わってきた掛軸や屏風などの作品の表紙や修復にも使われており、古くから日本人の生活に欠くことができない素材です。和紙の多様性と美しさをぜひ会場で感じていただければと思います。本学科で東洋絵画の保存修復を学ぶことは和紙を知ることでもあります。学生たちの日々の学びの成果も多くの方々に知って頂ける機会になればと思います。

開催によせて
美術史・文化財保存修復学科の学生の学びや研究内容については公になる機会が少なく、一般の方には分かり辛いところがあります。彼らは自己表現としての作品を制作し発表することはなく、美術史を読み解くことや文化財保存修復を研究することで、先代から伝わってきた文化財や現在の作品などを陰で支え次世代に伝える責任重大な研究分野を学んでいます。
この度の東日本大震災では私たちが失ったものがあまりに大きく、この分野の様々な研究者が日本の文化遺産を少しでも後世に遺して伝えていくために活動しています。こうした被災作品資料レスキュー活動は今後ますます大きな意義を持つことでしょう。その一端を担う本学学生の日々の研究の成果をこの機会にぜひご覧ください。
三浦功美子(美術史・文化財保存修復学科准教授)

「被災図書レスキュー~護る・遺す・繋げる~」
「和紙から見える修復~護る・遺す・繋げる~」開催概要
会期:2011年10月28日(金)~11月9日(水)日、祝日休館
時間:10:00~19:00(土曜日は17:00まで
会場:東北芸術工科大学 図書館スタジオ144
入場:無料
休館:日曜日/祝日
主催:美術史・文化財保存修復学科(東洋絵画修復ゼミ・保存科学ゼミ)
協力:文化財保存修復研究センター
担当:三浦功美子(美術史・文化財保存修復学科准教授/本展担当代表)/米村祥央(
同学科講師)/同学科東洋絵画修復ゼミ学生/同学科保存科学ゼミ学生
http://www.tuad.ac.jp/newsevents/headline/newpage_20111007_095620/

2011年10月11日 (火)

山形ネット10/2以降の取り組みについて 活動報告と目標第28弾

山形ネット10/2以降の取り組みについて 活動報告と目標第28弾

はじめに
 遅れてしまいました報告と目標をお届けします。
 遅れてしまった今日は10/11。7ヶ月を迎えました。
 仲間の皆さん、しっかりと取り組んでゆきましょう。
 
先週の報告
①10/3山形夕方クリーニング。②10/4芸工大夕方クリーニング。③10/7米沢夕方クリーニング・米沢女子短大パネル展準備。④10/8米沢女子短大パネル展。⑤情報提供など。

今週の目標
①10/11芸工大夕方クリーニング。10月定期会合。②10/14米沢夕方クリーニング。③地方史研究協議会で報告。④情報提供など。

2011年10月 6日 (木)

山形ネット9/25以降の取り組みについて 活動報告と目標第27弾

山形ネット9/25以降の取り組みについて 活動報告と目標第27弾

  10月、クリーニング作業を2箇所(芸工大・米短)で再開します。9月中は山形大のみ
での開催でした、山大の皆さんご苦労様でした。
 9月は事務局も怠けがちになり、色々とご迷惑をおかけしました。
 10月4日には、東北公益文科大学の仲間が芸工大での作業にお見えになる予定です。1
0月中の酒田での作業開始を目標にします。
 今まで参加くださった方も、これからの方も、どうぞよろしくお願いします。
 出来る範囲でぼちぼち前へ進みたいと思います。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 
先週の報告
①9/26山形夕方クリーニング。②9/27山形夕方クリーニング。③9/29日本博物館協会東
北支部の会合で報告。④情報提供など。

今週の目標
①10/3山形夕方クリーニング。②10/4芸工大夕方クリーニング。③10/7米沢夕方クリー
ニング。④情報提供など。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »