無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

山形ネット活動報告と目標!第5弾

4/24以降の取り組みについて 活動報告と目標第5弾
先週の報告
①4/25、宮城県名取市において資料レスキューを行いました。地元の関係者の皆さん、宮城資料ネット、神戸の資料ネットと共同で行いました。救済した資料を山形市内に搬入しましたまた。②4/26以降、4/25レスキューで救済した資料の保全処理を開始しました。4/29まで継続中、今後も長期にわたって継続します。この保全作業にどのように行うかを調整しました。③救済した資料の保管先について、皆様に調査や調整をお願いしました。2ヶ所より挙手いただきました。④4/28、福島県県北地方にてふくしま資料ネットの資料レスキューに1名参加しました。⑤スライド作成班について調整が行われ、5/2に会議を行うことが決まりました。⑥随時、全国各地のネットの動向や関係機関の事業について情報収集を行い、ネットメンバーに転送しました。⑦4/25レスキュー実施にあたり、史料ネット、宮城資料ネットと現状と課題について情報交換等を行いました。

今週の目標
①4/25レスキュー資料の処理や保管先についての協議や調整を関係者と継続します。②激甚被災地各地のレスキューについて協力できるよう準備します。③定期協議の開催を5/13に予定しています。その準備を行います。④事務的に取り残された課題などについて処理します。

お願い
①山形ネットの活動は、被災地であれ、その後背地であれ、ボランティア活動の枠組みの中で基本的には行います。活動を予定していただいている方は、なるべく早めに個人加入のボランティア保険に加入ください。会議へ向かう途中の事故なども対象になります。②報道は落ち着きましたが、被災地はまだまだ復興どころではないところがあります。基本的に被災地でのレスキューは緊急で入ってきますので、急なお知らせになりますがご容赦ください。③緊急レスキューとあわせて、継続的な地道な作業が見込まれます。こちらにつきましても、ご協力よろしくお願いします。

2011年4月24日 (日)

山形ネット活動報告と目標!第4弾

4/17以降の取り組みについて 活動報告と目標第4弾
先週の報告
①3/21に、この大震災に関して初めてのレスキューに参加しました。ふくしま歴史資料保存ネットとの共同行動です。救済する内容が考古資料であったために、考古関係者に声を掛け、公募しませんでした。事務局とあわせて3名で参加しました。概要は後日、参加者より報告します。②4/25に実施予定の宮城県内での資料レスキューについて、参加者5人を公募しました。3日目で応募者と定員が一致しましたので、公募を取りやめました。あわせて、このレスキューでは初めて荷物運搬用のレンタカーの借り上げ、一時処理用の物資などの大量購入をしました。また、県内外機関との連携行動となることから緊密な協議を繰り返しました。③4/28に実施予定の福島県内での資料レスキューの募集を行いました。今のところ山形ネットからの参加希望者は居ません。④山形ネットのPR活動の一環ともすべく、スライドを作成するためチームを編成し、作成の調整に入ります。事務局を渡邊真吾さんにお願いしました。多くの皆さんに自由に使っていただき、様々な場で資料救済についてPRしていただけるようしたいと考えております。⑤随時、全国各地のネットの動向や関係機関の事業について情報収集を行い、ネットメンバーに転送しました。

今週の目標
①4/25の資料レスキューを無事に終えることです。また、多くの機関と連携して行うテストケースとなりますので、この点も配慮したいと思います。②4/25のレスキューでは、後処理する必要のある資料が出てきます。それについて山形ネットがどのように関わるか、を協議します。③レスキューが入っても情報発信や事務的な作業が停滞しない仕組みが必要です、連休中にその構築を図りたいと思います。

お願い
①山形ネットの活動は、被災地であれ、その後背地であれ、ボランティア活動の枠組みの中で基本的には行います。活動を予定していただいている方は、なるべく早めに個人加入のボランティア保険に加入ください。会議へ向かう途中の事故なども対象になります。②報道は落ち着きましたが、被災地はまだまだ復興どころではないところがあります。基本的に被災地でのレスキューは緊急で入ってきますので、急なお知らせになりますがご容赦ください。③緊急レスキューとあわせて、継続的な地道な作業が見込まれます。こちらにつきましても、ご協力よろしくお願いします。

2011年4月19日 (火)

山形ネット活動報告と目標!第3弾

4/10以降の取り組みについて 活動報告と目標第2弾
先週の報告
①3/11に、初めての定期会合を行いました。まとめは出来ていませんが、(1)チームごとにまとまること、(2)カンパについて段階を設けること、(3)なんらかの調整するチームを設けること、(4)情報収集のやり方について、形式を定めようと話し合いました。などを話し合いました(と言うか一方的に小林で話してしまいました)。それにしても相変わらず混乱の進行ですみませんでした。と言うのも参加者が30人を越え、ちょっと想定以上の方に参集いただき、面食らってしまったのです。②一部安全用品などの資材購入・準備を行いました。③随時、全国各地のネットの動向や関係機関の事業について情報収集を行い、ネットメンバーに転送しました。

今週の目標
①緊急ですが4/21、3人のメンバーで今後の活動の調査をかねて被災地に日帰りで入ります。あらためて報告します。②山形ネットのPR活動の一環ともすべく、スライドを作成するためチームを編成し、作成の調整に入ります。③資材の購入と置き場の確保について作業を行います。依頼のあった際は、出来る範囲で協力をお願いします。④各地のネットの活動が活発化し始めました。連絡や情報交換。などを予定しております。

お願い
①山形ネットの活動は、被災地であれ、その後背地であれ、ボランティア活動の枠組みの中で基本的には行います。活動を予定していただいている方は、なるべく早めに個人加入のボランティア保険に加入ください。会議へ向かう途中の事故なども対象になります。②安全靴や丈夫な長靴など、銘々の道具については、機会があれば準備しておいてください。③アドバイスがなかなか事務局で反映できません。アドバイス+具体的な行動プラン「こうこうしたら、いける!」を示してくださると、事務局でも他の人に協力を求めて作業を進めることが出来ます(京都橘の木下さんみたいに)。アドバイス+αをお願いします。
 
別の報告
 私の勤務します山形県高畠町。当町の避難所に来られた福島の皆さんは、今週末をもって旅館などの二次避難所に入られます。ひと月以上、ひと間100人暮らし、大変なご苦労を強いてしまいました。私たち役所に言いたい文句も言えず、愚痴も言えずに、恐縮の日々、御礼の日々。また、何かすると「避難民のなのに…」のような視線もないわけではありませんでした(正直な話)。弱者が追い込まれ、被害者が恐縮する。「日本」が、災害を通してよく見えてきます。

2011年4月10日 (日)

山形ネットの活動と報告!第2弾

4/3以降の取り組みについて 活動報告と目標第2弾

先週の報告

①山形集会のまとめを報告しました。②カンパ・資材提供の呼びかけについて。ネットの口座を開設しました。具体的な呼びかけ文を作成し、ネットメンバーにお送りしました。郵送の方には月曜日を目標に発想する予定です。③随時、全国各地のネットの動向や関係機関の事業について情報収集を行い、ネットメンバーに転送しました。④③について、効率的に作業を行うために、県内、宮城、福島、関東、新潟など各方面の情報担当をひとまず決めて情報収集を行うようにしました。⑤3/11の定期会合の開催について作業をしました。⑥安物ですが・・・山形ネットの腕章作り。⑦ボランティア活動保険の調査。などをしました。

今週の目標

①3/11定期会合の開催と結果報告、②山形ネットが効率的に動くための体制整備や物品の整備、③各地のネットとの連絡や情報交換。などを予定しております。

 皆さんが主役のネットです。各位のご参集とご参加をお待ちしております。

山形ネットから募金および資材提供のお願い

この度山形ネットへの募金および資材提供のお願いをさせて
いただく運びとなりました。
詳細は下記のファイルをご覧ください。

「山形ネット募金のお願い.pdf」をダウンロード
「山形ネット資材提供のお願い.pdf」をダウンロード

2011年4月 9日 (土)

山形ネットで考えているボランティア活動保険の加入について

 今後、山形ネットでは資料の救済活動を行う場合に活用する保険について、全国社会福祉協議会が行っているボランティア活動保険を考えております。

 ボランティア活動に関する死亡、ケガ、物損などについて補償する保険です(ただし、資料救済活動のような取り組みで物損保障は《たぶん》無理!と言われております。)。また、明らかに危険度の高い活動などについては補償されません(そんなことをする予定もないですが)。
 掛け金は、4/1~3/31の単年度、基本タイプA280円とB420円、天災タイプA490円とB720円があります。今回の取り組みは災害ですので「天災タイプ」となります。
 さて、加入についてです。
 この保険は、各市町村の社会福祉協議会にて加入できます。住所地でなくても構いません。しかし、この保険は、お住まいから活動場所までの行程についても補償の対象となります。この適用を受けるためには、お住まいの市町村の社会福祉協議会で加入する必要があるそうです(正しい理解でない場合は、ご指摘ください。再度確認します)。
 このことから、今後山形ネットでの活動について、ご協力いただける予定の方につきましては、「各自で」保険加入の手続きをとっていただくことを考えております。
 なお、ご多忙などにより、当事務局での加入を希望される方は、事前に事務局までお知らせください。当方で、高畠町社会福祉協議会産を窓口に申請します。なお、その際はご本人の確認などを取らせていただきます。
 なお、ご質問などはDQB00442*nifty.com(*は@に変えてください)、山形ネット事務局小林まで。

 なお、方針の変更等のある場合は、ブログでお知らせいたします。

2011年4月 8日 (金)

4月7日の地震について

皆さま

 4月7日の余震、皆さまお怪我などございませんでしょうか。くれぐれも安全にお気を付け下さい。

 さて、文化財に関しては、本震で損傷を受けた建物などの被害拡大が心配されます。

 ひと段落がつき、お気づきの点がございましたら情報をお寄せ下さい。

 

2011年4月 5日 (火)

山形ネット11日定期会合について

 山形ネットは、参加する全ての人が主役です。皆さんの意見が方向性を定め、皆さんの結集がエネルギーになります。ぜひ、ご参加ください。
 ぜひ、転送等で皆さまにお知らせについてお願いします。

日時:4月11日(月)18:00~20:00(途中参加歓迎)
会場:山形大学人文学部2号館1階(正面の入口を入ってまっすぐ行った左側)の市民交流室「Agora(アゴラ)」
内容:①3・26会合のまとめ、②活動状況の報告と予定、③情報交換、④参加者の活動提案、⑤カンパについて、⑥その他
参加資格:大震災から史料を救済するという趣旨に賛同する人
問い合わせは事務局小林貴宏まで

米沢市内での文化財被害について

米沢市の文化財被害の様子についてお知らせいただきました。
これまで入っております米沢市の文化財の状況を簡単に報告します。
①米沢市教育委員会所蔵(米沢市埋蔵文化財資料室)の土器類の破損88点
②国指定登録有形文化財上杉神社稽照殿の被害が大きい。
なお、上杉神社周辺は、文化財とはなっておりませんが、神社鳥居が破損、上杉記念館の門が倒壊するなど大きな被害が確認されています。
③国指定重要文化財旧米沢高等工業学校本館のき損(内部のしっくいの壁やガラス窓を中心に多数のヒビや割れ)
④林泉寺の石灯籠や墓石の倒れ(上杉家墓所所長の情報で、当方では未確認)
 山形での文化財被害について
①山形では、外観で被害の目安と出来るような瓦屋根がありませんので近づいていかないと被害の様子がよくわかりません。
②雪解けが進みつつあり、石造文化財や寺社の被害が明らかになりつつあります。
③各地と同様に、地盤等の理由によって被害の出方にばらつきがあります。細かく見る必要があります。
 この間、ガソリン状況の悪さ、稀に見る寒さの3月、土日の天候が悪いことが重なって、県内の調査は不十分です。3/26会合でも課題になりました。
 ボランティアベースで出来ることには限りがありますが、ほんの小さなことでも被害の確認に結びつくことがありますので、お近くの様子をお知らせいただければと存じます。
 よろしくお願いいたします。

2011年4月 3日 (日)

山形ネットの活動報告と目標!

3/26山形集会以降の取り組みについて

先週の報告
①山形集会の成果。・議事録作成、参加者名簿の取りまとめをまもなく終えるところです。・集会の際に事務局提案についてご意見いただいた部分について、修正などを検討しています。②情報発信について、山大の三上さん、公益大の三原さん、県庁の石川さんより様々ご指導いただき、メール管理の方法の改善やブログの設置を行いました。③芸工大の専門家チームの大震災への取り組みについて色いろとお話を伺いました。山形でも様々な主体でそれぞれの個性を持って行動を開始しつつあります。山形ネットは、目的を同じくする様々な主体と連帯してゆきます。④ネットのメンバーから様々な具体性を持った提案をいただいております。これらを議論し、より良い方向へ進めるような取り組みとなるようしてゆきたいと考えています。そのためにも自由参加の定期会合を持ち、活動をしてゆきたいと思います。⑤文化庁より、文化財レスキュー事業の実施について発表がありました。事務局としては、これらを注目しながら、それでいてしっかりネットの「目的」を見つめて取り組みを進めてゆきたいと考えています。

今週の課題

①山形集会のまとめを報告し、議論のあった点については再提案をしたいと思います。②カンパの呼びかけについて、具体的な呼びかけ文を作成し、ご意見をいただきたいと思います。カンパについては、様々なご意見、ご教示をいただきました。それらをもとに、山形ネットで会計を作り、目的を明示しながらカンパを実施する方向で考えております。③梱包資材等の取り置きの呼びかけなどを行いたいと思います。④随時、全国ネットとの連携を保ち、情報提供に努めたいと考えております。

 皆さんが主役のネットです。各位のご参集とご参加をお待ちしております。

2011年4月 2日 (土)

文化庁文化財レスキュー隊の報道について4月2日

 マスコミ各社で文化財レスキュー隊の報道が増えております。マスコミ報道ですので「劇的」な内容となっています。私たちが先に見た要綱のありようと報道とはかなりの違いもあるようですので、今後動向に注目してゆきたいと思います。

 「文化財レスキュー」で検索すると結構ヒットします。

山形ネット通信14号(平成22年12月発行分)

こんにちは。事務局の手代木です。
ブログを使い慣れていない私はいつもおっかなびっくりで投稿しています。

さて、山形ネットは他地域のネットから刺激を受け、山形の文化財を守りたい一心で
設立された会です。設立の会を開催したのは平成20年1月でしたが、その数年前から
設立準備会を進めてきていました。

今回は昨年12月に発行した通信14号をアップします。ブログの容量などに問題がなければ、随時これまでの通信も掲載する予定です。

「山形ネット通信14号.pdf」をダウンロード

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »